化粧品

インスタグラムとの連携でコンバージョンやブランドイメージ向上に貢献

密かなコンプレックスとして悩まされることの多い、妊娠線や肉割れ。ボディケア化粧品ブランドの「NOCOR(ノコア)」は、これらをケアする商品を展開し支持を集めてきましたが、U-KOMIの導入によりSNSを中心とした媒体の拡大、さらに幅広い層へとアプローチできるようになりました。今回は、「ノコア」を展開する株式会社フューチャーゲートの中島様 に、U-KOMI導入の背景や効果、今後の展望などをお伺いしました。

妊娠線や肉割れケアの化粧品ブランド「ノコア」を展開

まずは事業内容を教えてください。

弊社は、「ノコア」という化粧品ブランドを自社ECサイトや各種モールで展開しています。一部実店舗でも販売していますが、基本的にはECサイト(ネット通販)で事業展開しております。

メインで販売しているのは妊娠線や肉割れのケアが専門のクリームとオイルで、一番の人気商品です。20~40代の女性がメインターゲットですが、10代で成長期の女子中高生や筋トレをしている男性など、幅広い層に使っていただいております。

そもそも、妊娠線や肉割れはどのようなものなのでしょうか?

妊娠でおなかが大きくなると、皮膚がおなかの膨れに耐え切れなくなり、真皮の繊維が割けてひび割れのような線ができてしまいます。これを妊娠線といい、保湿がされていないと特に生じやすくなります。肉割れも同じメカニズムで、成長期や急激な体重の増加、筋トレによる筋肥大などで皮膚が引っ張られることでできる線のことです。

妊娠線や肉割れを防ぐには保湿が重要ですが、一般の予防クリームはあくまでも保湿目的の予防がメインです。ノコアはできてしまった後にケアするものなので、保湿成分はもちろんのこと、肌の再生を促す成分がたくさん配合されています。

他社との競争が激しくなる中、口コミやインスタグラムからの流入に着目

U-KOMI導入前の課題や背景、きっかけなどについて教えてください。

前々から、UGCツールが大事だという認識はあったものの、ツールの導入コストやダイレクトにコンバージョンにつながるのか、といった効果を考えるうちに後回しになってしまっていました。他のUGCツールでは、たとえばLPにインスタグラムの投稿がランダムに掲載され、投稿内容が見れるようなタイプだと月額の費用が高く、導入を諦めている部分もありました。

ただ年々競合他社が増えて広告競争が激しくCPAが高騰してしまうという課題が常にあったので、今後はいかに効率よく新規顧客を獲得できるかを考えた時にSNSの拡大、口コミの強化、UGCツールを活用することが1番だと気づきました。世の中的にも口コミを見て商品イメージを評価することが当たり前になっているので、LPのCVR向上、ブランドイメージアップにもつながることが中長期的に見て力を入れるべきところですよね。

他のUGCツールもある中で、U-KOMIを選んだ決め手は何だったのでしょうか?

大きな決め手は、月額のコストが他社のツールに比べ比較的安価だったこと、インスタグラムとの連携が簡単に図れることです。


インスタグラムとの連携が重要だと感じた背景は何でしょうか?

もともとは、自社サイトとインスタグラムは別のものと捉えていました。インスタグラムに「#ノコア」「#妊娠線ケア」といったハッシュタグを付けて投稿してくれているユーザー様がたくさんいらっしゃったのですが、うまく自社のコンテンツとして利用できておらず、リソースもなかったため追いきれずにいました。

そこでインスタグラムと連携し、自社サイトのユーザーレビューに投稿を持ってくることができれば、SNSから気軽に口コミコンテンツとして集められるのでとても便利だと思いました。

また、すでにノコアのリピーター様も改めてインスタでの投稿を見てケアのモチベーションが上がったり、フォローしてもらえることでブランドのイメージも上がったり、SNSとの連携を図ることでさまざまな相乗効果につながると考えました。

U-KOMI導入により、コンバージョンやブランドイメージの向上に寄与

U-KOMIを導入し、どのような効果が得られましたか?

サイトを訪問した方の6~7割がレビューを見ており、コンバージョンに至った方の3割はU-KOMIのレビューページから購入しているというデータが出ています。また、口コミがよかったから買ってみましたという方も少なくないです。広告からのアクセスはもちろん検索上位のオウンドメディアや、ランキング記事経由などさまざまなコンテンツから入ってくるユーザーに対して、Ukomiの口コミコンテンツが全体のCVに大きく寄与しているのかなと思います。

U-KOMIはデザイン面も優れていると思います。妊娠線・肉割れケアはコンプレックスを解消する商材なので、「本当は使いたくないけれど使う」という側面があります。ですので、積極的に使いたくなる、おすすめしたくなるような化粧品のブランドに見せる工夫も必要です。おしゃれママがお気に入りアイテムとして紹介していると、自分も1ランク上のボディケアを始めようかなと思ってもらえるなど、U-KOMIを通じてブランドのポジティブなイメージづくりに寄与できるので、そういった点も気に入っています。

また、レビューの内容を商品改善の参考にもしています。たとえば「youtubeの使い方動画を観て3か月ケアしたら肉割れが消えました」というポジティブなレビューで、youtube動画を出している意味があってよかったと改めて感じられたり、逆に、「1日3回と書いてありますが子育てで忙しくて3回もケアできません。。」というレビューがあれば、どのように工夫すれば忙しくても1日3回のケアをしてもらえるかなど、新たなコンテンツ作成の参考にすることができます。

このように、普段購入を検討されているお客様とのコミュニケーションは多いのですが、使って効果が出て喜んでいるユーザーとのコミュニケーションが図れるのは口コミツールならではだと思うので、お客様の意見を今後の商品改善や企画の参考にできるのも良いなと思います。


最後に、今後の展望についても教えてください。

今はSNSを強化する体制に入っており、各種SNS媒体からの流入が増えてくると思うので、それぞれの悩みにあった口コミや投稿を見て、購入のきっかけを多く与えていければ良いなと思います。まだまだノコアの認知度が少ないこと、そもそも妊娠線・肉割れはできてしまってもケアができるという知識が広がっていないことなど課題は尽きませんが、口コミの拡大化により今よりもっと幅広い層のファンを増やせるようなブランドにしていきたいです。特にノコアのクリームに手が出しづらいという10代の若年層へのアプローチは力を入れていきたいと考えています。

お問い合わせ

U-KOMIについてお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら
0772-66-3427受付時間:平日10:00~18:00